糖尿病の食事療法を楽にする食事宅配サービス

糖尿病食事療法の直近情報をチェックしたい方には、当然このサイトが重宝します。ユーザー目線での情報をしっかりとまとめているので、あなたが見たかった糖尿病食事療法の情報を簡単に手にすることができます。
ホームボタン
糖尿病は3食の摂取カロリーを均等にしなければなりません

糖尿病は3食の摂取カロリーを均等にしなければなりません

糖質の摂取目安として、「緩やかな糖質制限食」では1食につき40gまでとされています。




3食バランスよく食べて、ご飯の量を少なくすることが大事です。




最も良くないのは若年層にありがちな「ラーメン・ライス」や「チャーハン・ラーメン」です。




「カツ丼とざるそばセット」のようなものも良くありません。




つまり、糖質ばかりのものを食べるのはよくないということです。




糖質制限を意識して「バランスのとれた外食とご飯の摂り方に注意しましょう」と、提案しています。




「緩やかな糖質制限食」では、厳密なカロリー制限をせずに、野菜、お魚・お肉はたくさん食べましょう。




日本人の5人に1人は罹ると言われている身近な病気『糖尿病』の予備軍について「まだ糖尿病になったわけじゃないから、今は食生活を改善したり、運動をしたりする必要はない」と思っている人がいるかもしれません。




正式に糖尿病と診断されるまでにはほとんど自覚症状がないため、考えを改めることはなかなかできません。




糖尿病の予備軍から境界型になってくると、検査の結果にも色々な変化が顕れ始めます。




血糖値を正常に保つのに必要なホルモンとされるインスリン値に異常が出てくる反応は、糖尿病と診断される前の段階からあります。




さまざまな種類の栄養素を適切な量摂ることが、バランスのとれた糖尿病の方の食事です。




それぞれにふさわしいエネルギー量を超えることなく、調和のとれた食事摂取において「糖尿病食事療法のための食品交換表」は、非常に役に立ちます。




その食品交換表で私たちが日々摂取している食品を見てみると、それぞれに多く含まれている栄養素をもとにして、6つの表をつくり6つの食品グループと調味料に分類し、80kcal(1単位)のエネルギーを含む食品の重量を掲載しています。




食品交換表をもとに普段の食事を意識すると、日々の献立づくりの幅が広がります。




インスリンの作用は年齢とともに低下するため筋肉への糖の取り込みが減少します。




血糖値の上昇につながる原因の一つです。




とりわけ食事の後は、ブドウ糖が一気に体内に吸収されるため血糖値が上昇します。




血糖値上昇を抑える手段として「ベジタブルファースト」があります。




野菜から先に食べる食事法です。




食物繊維が多量に含まれたゴボウやキャベツなどの野菜は、作用として他の食品の消化吸収を緩やかにします。




また、ご飯や麺類といった炭水化物に含まれる糖質の吸収も緩やかにするので、ブドウ糖が体内に吸収されるのを緩和します。




あなたにとって適正な総摂取エネルギーが1日1600kcalと指示された場合、食品のうち1日に交換できる単位が20となりますが、バランスのよい栄養素を摂取することが大事になってきます。




「食品交換表」には、食品だけでなく主な外食メニューも載っています。




目で見てカロリーなどがわかるようになりましょう。




薬物療法を行っている場合、食べるタイミングを適切に判断しないと、状況次第では低血糖になるおそれがあるので注意が必要です。




旬の食べものを積極的に取り入れたメニューや、外食の仕方にも工夫を凝らして、食事療法を豊かにしてください。




体内時計の乱れは2型糖尿病や肥満のリスクを引き寄せるおそれがあります。




糖代謝や血圧・脂質代謝・睡眠や体温など、ほとんどの生理機能には日内リズムがあり、「体内時計」によって制御されています。




日々の生活習慣は、「体内時計」に影響をもたらします。




「体内時計を考えた栄養学」が「時間栄養学」とよばれています。




「どの食品をどれくらいの量摂取するか」といったこれまでの栄養学に、体内時計の観点から「食べるタイミング」を加え、食事のリズムと機能性がもたらす作用について調査する新しい研究分野です。




毎日摂っている食事については、3食それぞれ同じくらいの分量が理想的ですが、やはり夕食がどうしても多くなってしまいます。




忙がしくて、食事には20分の余裕をもって食べることです。




時間をかけることで、血糖値の上昇を防いだり、満腹中枢が満足したりするからです。




いくら仕事が忙しくても、5分で食事をすませるようなことは控えましょう。




食物繊維は血糖値を下げる効果がありますので、海藻類やきのこ類を多く摂るようにしてください。




ポテトやコーンには多くの糖質が含まれているので気を配ってください。




例えば糖尿病になったら、食べられる食事が限られてしまうと考える患者さんが多いと思います。




ところが、糖尿病になったからといって、食べられない食品はほとんどありません。




「食事療法」といっても特別なメニューがあるわけではなく、個人に必要な総摂取エネルギーの範囲内で食べ物の栄養バランスを考えながら実践することが目的になります。




こうした食事療法の目的は、糖尿病患者さんだから守らないといけないものではなく、一般の健康な方たちにとっても必要なことなのです。




年々増加する糖尿病は、上昇した血糖値を下げるインスリンとよばれるホルモンがうまく働かなくなり、継続的に血糖値が高いままの病気です。




糖尿病発症後は治療の目的として、生涯にわたり血圧・血糖・血清脂質などの血中の状態や体重の理想的な数値を維持することで、例えば、網膜症・腎症・神経障害などの合併症、心筋梗塞・脳梗塞・足壊疽などの動脈硬化症を予防し、自由にからだを動かし活発な日常生活はもちろんのこと、充実した人生をおくるようにすることです。




治療法はさまざまですが、正しい指導のもと食事療法をとおして、糖尿病合併症や動脈硬化症の発症・進行を防ぐことが可能となります。




糖尿病は、1型糖尿病・2型糖尿病・その他の糖尿病に大別できます。




とりわけ、食事の習慣・生活習慣が大きく影響し「2型糖尿病」はその代表として、最も多くの患者数です。




はじめは血糖値が高くても自覚症状が伴わず、何かと病状悪化の原因となり多くの合併症を引き寄せてしまいます。




間違った食習慣は2型糖尿病を引き起こす大きな原因になるので、食生活を見直さなければ治療へと進めません。




体重や血糖の調整に努め糖尿病性の合併症を防ぐこと、そのうえ悪化を食い止めることも食事療法の主旨です。




Copyright (C) 2014 糖尿病の食事療法を楽にする食事宅配サービス All Rights Reserved.