糖尿病の食事療法を楽にする食事宅配サービス

糖尿病食事療法の直近情報をチェックしたい方には、当然このサイトが重宝します。ユーザー目線での情報をしっかりとまとめているので、あなたが見たかった糖尿病食事療法の情報を簡単に手にすることができます。
ホームボタン
GI値が高ければ血糖値が上がりやすく低ければ血糖値の上昇が緩やかになります

GI値が高ければ血糖値が上がりやすく低ければ血糖値の上昇が緩やかになります

いろいろな栄養素を適量とるのが、糖尿病を患った方には非常に大事な食事法です。




それぞれに適したエネルギー量があり、その範囲内でバランスのよい食事を摂取するために「糖尿病食事療法のための食品交換表」は、非常に役に立ちます。




食品交換表では私たちが日常食べている食品を、その中に多く含有される栄養素ごとに、6つの食品グループ(6つの表)と調味料に分けて、食品の重量を1単位80kcalとして掲載しています。




そうした食品交換表を参考にすることで、献立づくりの悩み解消にもなります。




1型糖尿病・2型糖尿病・その他の糖尿病が、主な糖尿病の種類です。




とりわけ、食事の習慣・生活習慣が大きく影響し発症率の高さで最も多いのが、「2型糖尿病」です。




当初はほとんど自覚症状がなく、たいてい血糖値の高さにも気づきませんが、何かと病状悪化の原因となり多くの合併症の引き金になります。




間違った食習慣は2型糖尿病を引き起こす大きな原因になるので、食生活を見直さなければ治療へと進めません。




糖尿病性の合併症に繋がらないよう体重や血糖を適正に保つ、さらに悪化の抑制を目的とするのが食事療法です。




年々増加する糖尿病は、上昇した血糖値を下げるインスリンとよばれるホルモンがバランスを崩し、血糖値が上昇したままの状態が続く病気です。




糖尿病の治療の目標は、生涯にわたって血糖・体重・血圧・血清脂質の良好なコントロール状態を維持することで、糖尿病合併症(網膜症・腎症・神経障害)や動脈硬化症(心筋梗塞・脳梗塞・足壊疽)を予防し、健康な人と同様に活動的な日常生活や充実した人生をおくるようにすることです。




適切な指導による食事療法などは治療の一環として、糖尿病合併症や動脈硬化症の発症・進行を防ぐことが可能となります。




糖尿病になったら、厳しい食事制限をしなければいけないと想像している患者さんが多数だと思います。




でも、もし糖尿病になってしまっても、食べられる食品はたくさんあります。




「食事療法」といっても特別なメニューがあるわけではなく、食品に含まれる栄養素の種類とバランス・自分に必要な総摂取エネルギーを考えることが大切になります。




こうした食事療法の目的は、糖尿病の患者さんだけが実践するものではなく、常々みんなが意識して考えないといけないということです。




もしあなたが、お医者さんから1日1600kcalの総摂取エネルギーが理想的だと言われた場合、1日20単位の食品と置き換えることができますが、栄養素が偏らないように選ぶことが大切です。




いわゆる「食品交換表」には、外食メニューの代表的なものも掲載されています。




目で見てカロリーなどがわかるようになりましょう。




なかには薬物療法を行っている患者さんもいると思いますが、食べるタイミングを適切に判断しないと、条件次第では低血糖を誘発するおそれがあるので留意してください。




献立をマンネリ化させない工夫をしたり、上手に外食の仕方を工夫して、満足のいく食事療法を実践してください。




糖尿病に罹患する可能性を告げられた方のなかには、「自分には何の自覚症状もないから、好きなものを食べて、特別な運動は必要ないのではないか」と言う方もいるかもしれません。




正式に糖尿病と診断されるまでにはほとんど自覚症状がないため、そう考えるのも無理はないです。




糖尿病の予備軍から境界型になってくると、病状が顕著になり始めます。




体内の重要なホルモンのうち、血糖値を下げるために欠かすことのできないインスリンの分泌量の変化は、無自覚のうちから顕れ、やがて糖尿病と診断されます。




人は加齢とともにインスリンの働きが低下するため筋肉への糖の吸収が減っていきます。




血糖値が上昇しやすくなるのは、そのためです。




食後は特別、ブドウ糖が体内へとすぐに吸収されるため血糖値が上昇します。




血糖値上昇を抑える手段として「ベジタブルファースト」があります。




食事法の一つで、食事の際は野菜から食べる方法です。




ゴボウやキャベツといった食物繊維をたくさん含む野菜は、ほかの食品が消化吸収されるのを緩やかにする作用があります。




ご飯や麺類といった炭水化物に含まれる糖質の吸収もゆっくりとなるため、ブドウ糖が体内に吸収されるのを緩和します。




3食の分量は、できれば食事ごとに同量程度が理想的ですが、たいてい夕食の分量が多くなってしまいます。




食事にかける時間は、忙しくても20分は取ることです。




そうした食習慣で、血糖値が上昇するのを抑えたり、満腹中枢が満足したりするからです。




多忙な仕事の合間に、短時間での食事摂取は回避しましょう。




食物繊維は血糖値を下げる作用を促しますので、より多くの海藻類・きのこ類を食べるようにしてください。




ポテトやコーンには多くの糖質が含まれているので気を配ってください。




「緩やかな糖質制限食」は、1食につき摂取する糖質が40gまでとされています。




3食バランスよく食べて、ご飯の量を減らすことが重要です。




糖質ばかりの「ラーメン・ライス」や「チャーハン・ラーメン」が一番良くありません。




「カツ丼とざるそばセット」のようなものも良くありません。




要するに、糖質過多の食習慣はよくないということです。




糖質制限を意識して「バランスのとれた外食とご飯の摂り方に注意しましょう」と、推奨しています。




「緩やかな糖質制限食」では、厳密なカロリー制限をせずに、野菜・お魚・お肉といった食材もどんどん摂りましょう。




体内時計が乱れると2型糖尿病や肥満のリスクが上昇します。




毎日の睡眠や体温、また体内の血圧や糖代謝・脂質代謝など、それらの生理機能は日内リズムに伴って変化し、「体内時計」に大きく左右されます。




日々の生活習慣は、「体内時計」に影響をもたらします。




「時間栄養学」は「体内時計を考えた栄養学」を表したものです。




「どの食品をどれくらいの量摂取するか」といったこれまでの栄養学に、「食べるタイミング」といった体内時計の特質を付け足し、食事のタイミングと役割に関して新しく研究する分野です。




Copyright (C) 2014 糖尿病の食事療法を楽にする食事宅配サービス All Rights Reserved.