糖尿病の食事療法を楽にする食事宅配サービス

糖尿病食事療法の直近情報をチェックしたい方には、当然このサイトが重宝します。ユーザー目線での情報をしっかりとまとめているので、あなたが見たかった糖尿病食事療法の情報を簡単に手にすることができます。
ホームボタン
糖尿病とうまくつきあう食生活

糖尿病とうまくつきあう食生活

3食の分量は、できれば食事ごとに同量程度が理想的ですが、たいてい夕食を多く摂ってしまいます。




食事は、忙しくても20分かけてゆっくり食べることです。




食事に時間をかけることで、血糖値の上昇を抑えたり、満腹中枢が刺激され食欲が満たされるからです。




多忙な仕事の合間に、5分で食事をすませるようなことは控えましょう。




食物繊維は血糖値を下げる効果がありますので、海藻類やきのこ類はたくさん摂取してください。




糖質の多い食品(ポテト・コーンなど)は意識しながら摂ってください。




人は加齢とともにインスリンの働きが低下するため筋肉への糖の吸収が減っていきます。




したがって、血糖値が上昇しやすくなります。




特に食後は、ブドウ糖が一気に体内に吸収されるため血糖値が上昇します。




「ベジタブルファースト」は血糖値上昇の予防につながります。




食事法の一つで、食事の際は野菜から食べる方法です。




ゴボウやキャベツなどの食物繊維を豊富に含む野菜は、他の食べ物の消化吸収を緩やかにする作用をもたらします。




併せて、ご飯や麺類などの炭水化物に含まれる糖質をゆっくり吸収するので、体内にブドウ糖が吸収されるのを和らげます。




糖尿病には、1型糖尿病・2型糖尿病・その他の糖尿病といった種類があります。




なかでも、毎日の食事や生活スタイルが深く関わりもっとも多く罹患するのが、「2型糖尿病」です。




はじめは血糖値が高くても自覚症状が伴わず、何かと病状悪化の原因となり多くの合併症を引き寄せてしまいます。




2型糖尿病の大きな原因は誤った食生活に由来するため、食生活を見直さなければ治療へと進めません。




体重や血糖の調整に努め糖尿病性の合併症を防ぐこと、そのうえ悪化を食い止めることも食事療法の主旨です。




「緩やかな糖質制限食」は、1食あたり糖質40グラムまでが目安です。




一日3食のバランスを考えながら、ご飯の量を少なくすることが大事です。




最も良くないのは若年層にありがちな「ラーメン・ライス」や「チャーハン・ラーメン」です。




当然「カツ丼とざるそばセット」なども良くありません。




なぜなら、糖質の多すぎる食事はよくないからです。




糖質制限の観点からも「幕の内弁当にしましょう。




そしてご飯は半分残しましょう」と、提案しています。




「緩やかな糖質制限食」では、あまりカロリーを気にしないで、野菜、お魚・お肉はたくさん食べましょう。




1日の総摂取エネルギーに関して1600kcalがふさわしいとされているひとについては、食品のうち1日に交換できる単位が20となりますが、バランスのよい栄養素を摂取することが大事になってきます。




みなさんがよく知っている外食メニューも、「食品交換表」には掲載されています。




普段から、カロリーなどを頭に入れておくとよいでしょう。




なかには薬物療法を行っている患者さんもいると思いますが、食べるタイミングを適切に判断しないと、条件次第では低血糖を誘発するおそれがあるので留意してください。




その季節独特の食材をメニューに取り入れたり、上手に外食の仕方を工夫して、満足のいく食事療法を実践してください。




2型糖尿病や肥満の原因のひとつとして体内時計の乱れがあります。




毎日の睡眠や体温、また体内の血圧や糖代謝・脂質代謝など、日内リズムに沿ったそれらの生理機能は、「体内時計」に大きく左右されます。




日々の生活習慣は、「体内時計」に影響をもたらします。




「時間栄養学」は「体内時計を考えた栄養学」と捉えることができます。




これまでの栄養学でいわれていた「何をどのくらい食べるか」に、体内時計の観点から「食べるタイミング」を加え、食事のタイミングと役割に関して調べる新しい研究分野です。




もし糖尿病になってしまったら、好きなものを食べられないと考える患者さんが多いと思います。




だかといって、糖尿病の患者さんにとって、食べられない食品はほとんどありません。




「食事療法」のための、通常とは違ったメニューがあるのではなく、食べ物に含まれるさまざまな栄養素のバランスと個々に合った総摂取エネルギーを考えることが大切になります。




この食事療法の考えは、糖尿病の患者さんへ向けた絶対条件というものではなく、常々みんなが意識して考えないといけないということです。




糖尿病とは、血糖値を下げるインスリンというホルモンがバランスを崩し、血糖値がなかなか下がらなくなる病気です。




糖尿病の治療には多くの時間が必要ですが、その目的は血圧・血糖・血清脂質などの血中の状態や体重の理想的な数値を維持することで、糖尿病の合併症である網膜症・腎症・神経障害や動脈硬化症、いわゆる心筋梗塞・脳梗塞・足壊疽を防ぎ、健康な人と同様に活動的な日常生活や人生をたのしみながら送れるようにすることです。




適切な指導による食事療法などは治療の一環として、その他の発症や進行における糖尿病合併症や動脈硬化症を防ぐことができます。




さまざまな種類の栄養素を適切な量摂ることが、糖尿病の進行を予防する食事法でもあります。




適正なエネルギー量の範囲内で、バランスのよい食事をとるために「糖尿病食事療法のための食品交換表」は、非常に役に立ちます。




食品交換表では私たちが日常食べている食品を、そのうち最も多い栄養素をもとに、6つの食品グループと表で示し調味料とは分けて、1単位80kcalに合わせた食品の重量が掲載してあります。




食品交換表をもとに普段の食事を意識すると、献立への迷いも払拭できるでしょう。




糖尿病予備群と言われた事のある方のなかには、「まだ糖尿病になったわけじゃないから、今は食生活を改善したり、適度な運動も必要だと思うけどできない」と考えている方々もいるでしょう。




糖尿病予備群の段階ではなんの症状もないので、意識して生活の改善を図ることはめずらしいことです。




糖尿病の予備軍から境界型になってくると、だんだんと自覚症状も出てきます。




体内の重要なホルモンのうち、血糖値を下げるために欠かすことのできないインスリンの数値に変化が及ぶ状態は、糖尿病予備軍の段階から見受けられます。




Copyright (C) 2014 糖尿病の食事療法を楽にする食事宅配サービス All Rights Reserved.