糖尿病の食事療法を楽にする食事宅配サービス

糖尿病食事療法の直近情報をチェックしたい方には、当然このサイトが重宝します。ユーザー目線での情報をしっかりとまとめているので、あなたが見たかった糖尿病食事療法の情報を簡単に手にすることができます。
ホームボタン
食後上昇する血糖をうまくコントロールし合併症を予防

食後上昇する血糖をうまくコントロールし、合併症を予防

1日の総摂取エネルギーに関して1600kcalがふさわしいとされているひとについては、1日における食品との交換は20単位となりますが、栄養素の種類がバランスよく含まれているかを考えて選ぶことが大切です。




代表的な外食メニューも、「食品交換表」には紹介されています。




日常的に、カロリーや栄養素を把握しておくと便利です。




薬物療法を行っている場合、食べるタイミングを間違えると低血糖を促すリスクが高まるので注意することです。




日々の献立作りに変化を取り入れたり、上手な外食の仕方を覚えて、食事療法を豊かにしてください。




糖尿病に罹患する可能性を告げられた方のなかには、「まだ予備軍だから、今までどおりの食生活で大丈夫、適度な運動も必要だと思うけどできない」と考えている方々もいるでしょう。




正式に糖尿病と診断されるまでにはほとんど自覚症状がないため、予防のための注意を払うことは少ないかもしれません。




しかし、糖尿病の境界型になると、病状が顕著になり始めます。




血糖値を正常に保つのに必要なホルモンとされるインスリン値に異常が出てくる反応は、無自覚のうちから顕れ、やがて糖尿病と診断されます。




糖質の摂取目安として、「緩やかな糖質制限食」では1食につき40gまでとされています。




3食バランスよく食べて、ご飯を少なく摂ることが大事です。




若い人にありがちな「ラーメン・ライス」や「チャーハン・ラーメン」が一番良くありません。




当然「カツ丼とざるそばセット」なども良くありません。




つまり、糖質ばかりのものを食べるのはよくないということです。




糖質制限の見解から種類豊富な幕の内弁当とご飯の量を半分にすることを、すすめています。




「緩やかな糖質制限食」では、カロリーはあまり気にせず、野菜・お魚・お肉といった食品もたくさん摂りましょう。




いろいろな栄養素を適量とるのが、調和のとれた食事となり糖尿病の方には治療法のひとつにもなります。




適正なエネルギー量の範囲内で、バランスのよい食事をとるために参考になるのが、「糖尿病食事療法のための食品交換表」です。




私たちが毎日食べている食品を食品交換表で参照してみると、それぞれに多く含まれている栄養素をもとにして、6つの表をつくり6つの食品グループと調味料に分類し、食品の重量を掲載していますが、その基準は1単位80kcalです。




食品交換表をもとに普段の食事を意識すると、日々の献立づくりの幅が広がります。




糖尿病は、1型糖尿病・2型糖尿病・その他の糖尿病に大別できます。




そのうち、日々の食生活や生活習慣の影響は大きくもっとも多く罹患するのが、「2型糖尿病」です。




はじめは血糖値が高くても自覚症状が伴わず、何かと病状悪化の原因となり多くの合併症を引き寄せてしまいます。




2型糖尿病の大きな原因は誤った食生活に由来するため、食生活の改善なくして治療は行えません。




体重や血糖の調整に努め糖尿病性の合併症を防ぐこと、または悪化を阻止するのが食事療法の目的です。




いわゆる糖尿病とは、インスリンという血糖値を下げる役割を担ったホルモンに異常が見られ、血糖値がなかなか下がらなくなる病気です。




人生の多くを費やす糖尿病治療の目標は血糖・体重・血圧・血清脂質の良好なコントロール状態を維持することで、糖尿病の合併症である網膜症・腎症・神経障害や動脈硬化症、いわゆる心筋梗塞・脳梗塞・足壊疽を防ぎ、自由にからだを動かし活発な日常生活はもちろんのこと、充実した人生をおくるようにすることです。




治療のための食事療法を正しく実行すれば、その他の発症や進行における糖尿病合併症や動脈硬化症を防ぐことができます。




人は年齢とともに筋肉でのインスリンによる糖の吸収が減っていきます。




その結果、血糖値の上昇へとつながります。




食事の後は特に、ブドウ糖が体内へとすぐに吸収されるため血糖値が上昇します。




「ベジタブルファースト」は血糖値が上昇するのを抑えます。




食事法の一つで、食事の際は野菜から食べる方法です。




食物繊維を豊富に含むゴボウやキャベツといった野菜は、他の食べ物の消化吸収を緩やかにする作用をもたらします。




ご飯や麺類などの炭水化物に含まれる糖質の吸収も緩やかにするため、ブドウ糖が体内に吸収されるのを緩和します。




食事について、一日3度の摂取量は同量程度が望ましいのですが、どうしても夕食が多くなってしまいます。




食事にかける時間は、忙しくても20分は取ることです。




そうした食習慣で、血糖値が上昇するのを抑えたり、過度な食欲を回避できたりするからです。




忙しいとき、仕事の合間に5分で食事をすませるようなことは控えましょう。




血糖値を下げるには食物繊維が望ましいので、より多くの海藻類・きのこ類を食べるようにしてください。




ポテトやコーンは糖質が多いので要注意です。




体内時計の乱れは2型糖尿病や肥満のリスクを引き寄せるおそれがあります。




糖代謝や血圧・脂質代謝・睡眠や体温など、日内リズムに沿ったそれらの生理機能は、「体内時計」に大きく左右されます。




「体内時計」は、生活スタイルから影響を受けています。




「時間栄養学」は「体内時計を考えた栄養学」と捉えることができます。




「何をどのくらい食べるか」という従来の栄養学に、体内時計の特徴を踏まえた「いつ食べるか」を加えて、食事のタイミングと役割に関して考える新しい研究分野です。




例えば糖尿病になったら、食べられる食事が限られてしまうと大抵の患者さんは捉えます。




だかといって、糖尿病の患者さんにとって、食べられないものは何もありません。




「食事療法」のための、通常とは違ったメニューがあるのではなく、それぞれに必要な総摂取エネルギーと栄養素を照らし合わせながら実践することが重要になります。




食事療法のそもそもの目的は、糖尿病の方だけに必須な条件ではなく、健康なひとも含めみんなが考えないといけないことなのです。




Copyright (C) 2014 糖尿病の食事療法を楽にする食事宅配サービス All Rights Reserved.