糖尿病の食事療法を楽にする食事宅配サービス
ホームボタン

糖尿病0002

インスリンの作用は年齢とともに低下するため筋肉への糖の取り込みが減少します。そのため、血糖値が上昇しやすくなります。食事の後は特に、ブドウ糖が一気に体内に吸収されるため血糖値が上昇します。血糖値上昇を防ぐ手段が「ベジタブルファースト」です。食事のとき、先に野菜から食べる食事法です。ゴボウやキャベツなどの食物繊維を豊富に含む野菜は、他の食べ物の消化吸収を緩やかにする作用をもたらします。ご飯や麺類などの炭水化物に含まれる糖質の吸収も緩やかにするため、ブドウ糖が体内に吸収されるのを緩和します。2型糖尿病や肥満の原因のひとつとして体内時計の乱れがあります。毎日の睡眠や体温、また体内の血圧や糖代謝・脂質代謝など、それらの生理機能は日内リズムに伴って変化し、「体内時計」によって制御されています。「体内時計」は、日々の生活習慣で決まります。聞きなれない「時間栄養学」とは、「体内時計を考えた栄養学」を指します。「何をどのくらい食べるか」といった栄養学に伴い、体内時計の特徴を踏まえた「いつ食べるか」を加えて、食事のリズムと機能性との関係について研究する新しい分野です。糖尿病には、1型糖尿病・2型糖尿病・その他の糖尿病といった種類があります。その中でも、食生活や生活習慣と関わりが深くもっとも多く罹患するのが、「2型糖尿病」です。血糖値が高くなっても自覚症状を感じることが稀なため、病状の継続・悪化につながりやがて合併症を引き起こす要因となります。間違った食習慣は2型糖尿病を引き起こす大きな原因になるので、食生活を見直さなければ治療へと進めません。糖尿病性の合併症に繋がらないよう体重や血糖を適正に保つ、併せて悪化へ導かないことも食事療法の目的です。糖尿病というと、制限された食事と考える患者さんが多いと思います。しかし、糖尿病を患ったからといって、食べられない食品はほとんどありません。「食事療法」といっても特別なメニューがあるわけではなく、食品に含まれる栄養素の種類とバランス・自分に必要な総摂取エネルギーを考えることが大切になります。根本的な食事療法の考えは、糖尿病患者さんだから守らないといけないものではなく、常々みんなが意識して考えないといけないということです。もしあなたが、お医者さんから1日1600kcalの総摂取エネルギーが理想的だと言われた場合、食品のうち1日に交換できる単位が20となりますが、栄養素が偏らないように選ぶことが大切です。いわゆる「食品交換表」には、外食メニューの代表的なものも掲載されています。目で見てカロリーなどがわかるようになりましょう。薬物療法を行っている場合、どのタイミングで食事をすればよいのか把握しておかないと、条件次第では低血糖を誘発するおそれがあるので留意してください。季節の変化を取り入れた献立作りや、上手な外食の仕方を覚えて、食事療法を豊かにしてください。「緩やかな糖質制限食」は、1食あたり糖質40グラムまでが目安です。3食バランスよく食べて、ご飯の量を少なくすることが大事です。若い人にありがちな「ラーメン・ライス」や「チャーハン・ラーメン」が一番良くありません。「カツ丼とざるそばセット」のようなものも良くありません。要するに、糖質過多の食習慣はよくないということです。糖質制限の見解から種類豊富な幕の内弁当とご飯の量を半分にすることを、提案しています。「緩やかな糖質制限食」では、カロリーはあまり気にせず、野菜・お魚・お肉といった食品もたくさん摂りましょう。患者数が年々増加の傾向にある糖尿病の予備軍には、「何となく食生活改善の必要性は感じるけど、実行できていない、スポーツもなかなかできる時間がない」と思っている人も多いでしょう。自覚症状のない病気の場合は、予防のための注意を払うことは少ないかもしれません。糖尿病予備軍から次第に境界型へと症状が移行すると、様々な体調の変化が顕れてきます。血糖値を正常に保つのに必要なホルモンとされるインスリンが出にくくなったりする変化は、無自覚のうちから顕れ、やがて糖尿病と診断されます。腎臓病の一つである糖尿病は、血糖値を正常に保つインスリンとよばれるホルモンがバランスを崩し、長期にわたって血糖値が下がりにくくなる病気です。糖尿病発症後は治療の目的として、生涯にわたり血圧・血糖・血清脂質などの血中の状態や体重の理想的な数値を維持することで、その他の病症を合併する可能性を避けることができ、自由にからだを動かし活発な日常生活はもちろんのこと、充実した人生をおくるようにすることです。食事療法をはじめとした治療が適切に行われれば、糖尿病の悪化を防ぎ、その他の合併症や動脈硬化症への予防にもつながります。一日3回の食事の量は、毎食ごとなるべく同じくらいがよいのですが、やはり夕食がどうしても多くなってしまいます。食事は、忙しくても20分かけてゆっくり食べることです。食事に時間をかけることで、血糖値の上昇を抑えたり、満腹感が増し食べ過ぎを防止できるからです。忙しいとき、仕事の合間に短時間で食事をと摂るようなことは控えましょう。食物繊維は血糖値を下げる効果がありますので、より多くの海藻類・きのこ類を食べるようにしてください。ポテトやコーンには多くの糖質が含まれているので気を配ってください。数多くの食品群にはさまざまな栄養素が含まれており、それらを適量摂取することが、糖尿病の進行を予防する食事法でもあります。適正なエネルギー量の範囲内で、バランスのよい食事をとるためにヒントとなるのが、「糖尿病食事療法のための食品交換表」です。その食品交換表で私たちが日々摂取している食品を見てみると、栄養素が多く含まれる種類によって、調味料と6つの食品グループと表に分類して、80kcal(1単位)のエネルギーを含む食品の重量を掲載しています。食品交換表をもとに普段の食事を意識すると、献立づくりの悩み解消にもなります。
▲ Page Top

Copyright (C) 2014 糖尿病の食事療法を楽にする食事宅配サービス All Rights Reserved.